村上春樹さん、残念でした!


テレビ局も、臨時ニュースのテロップを
用意し、

都心の本屋さんは 山のように著書を
積み上げ、

熱烈なファンが集い、お祝いのシャンペンを
まさにあけようとしていたんですが・・・。


フランスの パトリック・モディアノさんという
方に決まったそうですね。

(ほとんど 知らないです・・・汗)


村上春樹さんは5年も続けて 候補になって
世界中から期待されているのに、なぜ?って
思いません?



僭越ですが ワタクシメ的には こう思います。

小説内容が、”読者に考えさせる” という
 独特のスタイルへの評価。

◆世界各地で行ったスピーチ
(原発ノー、人権擁護など)が ”闇の勢力”
のカンにさわって、ノーベル選考委員会に
圧力がかかっている。


あなたは どう思いますか?


<ご参考>

村上春樹さんの 初めての小説「風の歌を聴け」
(1979年)
初判本帯付き