So-net無料ブログ作成

瞬な話題

ホットなニュースや街の話題を取り上げご紹介していく日記です。

記事一覧

スポーツ
アクサレディスゴルフ女子プロゴルフ界にまた有望な若い選手が出てきましたね。この前の「アクサレディスゴルフトーナメント」で河本結さんという 20歳の現役女子大生プ..

記事を読む

健康
<やせるみそ汁、これはすぐ出来そう!>昨夜(2019年2月15日)のTBS系番組「中居正広のキンスマ」の後半部分で紹介された みそ汁です。順天堂大学医学部の小林..

記事を読む

音楽
シティポップ「シティポップ」とは 1970年代後半から1980年代にはやった、都会的ニオイ、洗練されたイメージを全面にだしたJポップをいうそうです。代表的なのは..

記事を読む

女子プロゴルファー河本ってだれ?



アクサレディスゴルフ

女子プロゴルフ界にまた有望な若い選手が出てきましたね。

この前の「アクサレディスゴルフトーナメント」で
河本結さんという 20歳の現役女子大生プロゴルファーが
初優勝しました。

トーナメントレコードを更新して
15アンダーでの優勝は 立派です。

<主な最終結果>

-15河本 結(優勝)
ー10ユン・チェヨン
   S・ランクン
ー9 ぺ・ヒギョン
   脇本 華

最終日、最終組 同期3人20歳、とは!

一昨日の日曜の午後、あまり期待しないでテレビの
チャンネルをあわせると、最終組が河本選手を
含めなんと3人とも 20歳で回っていたんです!

ちなみに最終日スタートの時のスコアは、

河本結(20)  -13
脇本華(20)  -9
臼井麗香(20) -9

最終日の最終組に 20歳が3人、
なんて 初めてじゃないかなあ。

テレビの解説者によると、この3人は昨年プロテスト
に合格したツアールーキーなんだそうな・・。

どうも「聞いたことのない選手だなあ」と
思っていたのは 当然でした。

河本結選手は、昨年下部ツアーで4勝をあげた
実績があるとしても、
韓国の強い選手たちや日本の先輩たちを
追い越して優勝したのは スゴイ!

日曜日は ドライバーは結構飛ばすし、ショートゲームも
安定してピンに寄せていたね。

本格的なツアーに参戦したばかりだけど
 もう何年か後には米国のツアーへ挑戦することを
考えているんだって。

スゴイね、最近の若者は。

そうそう きのう、米国ツアーで逆転3勝目をあげた
畑岡奈紗や、新垣比菜大里桃子、勝みなみなど、
もう 若い元気な選手がいっぱいいて
楽しみだね。

韓国はじめ海外の女子選手に負けない試合を
してもらいたいなあ・・・。

それに比べて、男子プロに元気な若い選手が
ほとんどいなくて、寂しい限りだなあ・・・。



【TBSキンスマ】10日で3.5kgやせたみそ汁の作り方

<やせるみそ汁、これはすぐ出来そう!>

昨夜(2019年2月15日)のTBS系番組「中居正広のキンスマ」の
後半部分で紹介された みそ汁です。

順天堂大学医学部の小林弘幸先生が,試行錯誤の研究で
 作られた「長生きみそ汁」のことです。

<長生きみそ汁・材料と分量>

◆赤味噌 80g
◆白味噌 80g
◆すろおろした玉ねぎ 1個分(150g)
◆リンゴ酢 大さじ1


たったこれだけです。
カンタンな材料です。

これなら、すぐ作れそうですね。
それに、冷凍庫などに保存できるそうです。


番組内で、このお正月に太ってしまった3人のタレント:
大場久美子さん、東尾理子さん、丘みどりさんが
このみそ汁を実際に10日間 毎日1杯飲み続けた結果が
発表されました。

そして、なんと3人とも 減量できちゃいました。
もちろん、いつもの食生活を送る、という条件の下です。

東尾理子さんが 54.1→51.0Kgへ(-3.1Kg
大場久美子さんが 50.2→49.1Kgへ(-1.1Kg
丘みどりさんが 46.3→42.8Kgへ(-3.5Kg
 
さらに、減量だけじゃなく、
糖尿病、ガン、動脈硬化などを防ぐはたらきが
あるそうです。

この「長生きみそ汁」を使った、
いろいろなレシピが載った

小林弘幸先生の著書:
医者が考案した「長生きみそ汁」』

は現在、売れに売れて50万部まで伸びているそうです。

スゴイ!!



シティポップって なに?

シティポップ

シティポップ」とは
 1970年代後半から1980年代にはやった、
都会的ニオイ、洗練されたイメージを全面にだしたJポップ
いうそうです。

代表的なのは、山下達郎、荒井由実、南佳孝、井上陽水、竹内まりやなど。

オシャレな詞と高度な作編曲、演奏テクニックで都会に住む若者たちの心情、
生き方を表現しようとした Jポップですよね。


その彼らのJポップが再度注目を浴びてきたのは、
クラブでのDJさんたちがかつてのレコードを聴き直したりして
広めたそうな。

さらに海外でもこのJポップが注目されはじめたのは、
YouTubeなどのネット情報が大きいようです。
日本的テイストが新鮮だったんですね、きっと。

たとえば、竹内まりやの「プラスティック・ラブ」(85年発売)
のYouTube動画が、2018年12月末で2400万回再生されたそうで、
これは スゴイことですよね。


山下達郎のものまね芸人ポセイドン・石川、スゴイ!!

さらに ブームを後押ししているのが、
このシティポップの山下達郎のモノマネ芸人・ポセイドン・石川さん,36歳。

山下達郎っていえば、「多重録音の魔術師」。
あの 美しい「クリスマスイブ」は、彼ひとりで
何回も 録音を重ねて作られていますよね?

それをも ポセイドン・石川さんは ヤッちゃっているんです。
単なるモノマネ芸人じゃない。

音楽的センス、才能もあるみたいで、これからも注目したいですね。
Copyright © 瞬な話題 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます